コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

ホーム > 事業紹介 > UFサンドフィルター

UFサンドフィルター

連続ろ過・連続逆洗が可能な適用範囲の広 いろ過装置です。原水はろ過層を上向流で流 れることにより浮遊物質が除去され、清澄なろ過水として流出します。またろ過により汚れたろ材はエアリフト管の底部から吸引され、上昇しながら空気と水で混合洗浄された後、砂ポットで空気洗浄されさらに洗浄ガターで対向流で洗浄され、再びろ床面に戻ります。これらろ過、逆洗行程が同時に並行して行われるため、ろ層は常に清澄に保たれ、安定した処理が行えます。

特徴

UFSFは、以下のような特長を有します。
  1. uf01.jpgメンテナンスが簡単です。
    逆洗機構がシンプルで補機が少ないため取り扱い易く、24時間連続ろ過が可能です。
  2. シンプルで省スペースです。
    ろ過原水槽や逆洗排水槽が不要で、施設が小さくなります。
  3. フレキシブルです。
    あらゆる原水に対応可能であり、小水量から大水量にも対応します。
  4. 水質が安定しています。
    生物脱窒、脱リン処理した後の細かな粒子でも安定した水質が得られます。
  5. ろ過層圧力損失が小さく、一定です。
    圧力損失が小さいため、揚水電力消費量が削減できます。また、条件によってはポンプアップせず自然 流下でも設計できます。
  6. リン除去が可能です。
    原水に直接凝集剤を注入し、リン除去がで きます。反応槽(曝気槽)へ注入することにより凝集剤注入量を削減できます。

ろ過工程説明

  1. ろ過工程
    ろ過原水は、ろ過機下部の散水管及び原水分散傘により、ろ過砂面に対し、均等に分布します。ろ過原水はろ過層を上昇しながらSS分を捕捉除去され、ろ過層を通過したろ過水は上部集水トラフより処理水として流出します。
  2. 洗浄工程
    ろ過装置内の原水分散傘付近のろ過砂が最も汚れており、この部分のろ過砂は、エアーリフト管により、ろ過装置上部の砂ポットに揚砂します。この時、エアーリフト管内で空気と水とろ過砂が混合され、ろ過砂の洗浄が行われます。砂ポット及び洗浄ガターにて更に洗浄されたろ過砂は、洗浄ポット下部から落下し、上部分散傘によりろ過層面に均等に分散します。
    1. uf02.jpg一時洗浄
      エアーリフト管内をろ過砂が上昇するときに、捕捉されたSS分はろ過砂、SS、水、空気の混合スラリー状態で上昇しながら、比重等の差による上昇速度の差異及び ろ過砂どうしの衝突により、ろ過砂に付着 したSSが剥離、洗浄されます。
    2. 二次洗浄
      エアーリフト管内を上昇したろ過砂の混合スラリーは上部の砂ポット部へ送り込まれ、空気バブリングにより更に洗浄されます。洗浄したろ過砂は、洗浄ガターにて最終的に水で洗浄されて砂ろ過層上部に均一に散布されます。 洗浄ガターにはろ過水の一部がろ過砂洗浄水として導入され、ろ過砂を二次洗浄するとともに砂から剥離されたSS分を上方の洗浄排水トラフへと搬送し、洗浄排水として流出します。

規格

注)ろ過速度は 標準:200m/D  最大:240m/D
品番ろ過面積(m2)寸法
内径×直胴高さ
(mm)
ろ過材量(m3)処理水量(m3/Hr)
標準最大
UF-5 0.5 800*3000 0.7 4.2 5
UF-10 1.0 1,150*3,000 1.4 8.3 10
UF-15 1.5 1,400*3,000 2.1 12.5 15
UF-20 2.0 1,600*3,000 2.9 16.7 20
UF-30 3.0 2,000*3,000 4.8 25.0 30
UF-40 4.0 2,300*3,000 6.7 33.3 40
UF-50 5.0 2,550*3,000 8.5 41.7 50

適用範囲

主な用途は以下のとおりです。

  • 下水・排水処理水の高度処理(BOD、COD、SS、リン除去)
  • 再利用水施設
  • 池水浄化施設
  • 上水前処理