コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

ホーム > 事業紹介 > 浮遊式リアクター バイオスロンN-716

浮遊式リアクター バイオスロンN-716

バイオスロンN-716は、弊社の活性汚泥の長年にわたる研究から、活性汚泥中に生息している硝化菌、脱窒素菌の機能を合理的に組み合わせることによって、窒素をはじめBOD、りん、SSを高効率で除去することを可能にしたものです。

プロセスの概要

バイオスロンN-716は排水中の有機態、アンモニア態、亜硝酸態、および硝酸態窒素など様々な形態の窒素化合物を、BOD資化菌、硝化菌、脱窒素菌の働きで無害な窒素ガスに変換し、除去する窒素処理システムです。
バイオスロンN-716は、脱窒素工程を分割して、硝化工程の前後に配置し、硝化液を最初の第Ⅰ槽(脱窒槽)へ循環することを特長としています。
バイオスロンN-716では硝化液の最適循環比を決定したことにより、硝化槽への中和用のアルカリ剤を不要とし、さらに脱窒槽へのメタノール添加量も従来の約1/5まで節減することを可能としました。

716_01.jpg

特徴

  1. 処理効率が高く、処理は安定
  2. 低廉なランニングコストを実現
  3. 運転監理が容易
  4. コンパクトかつ機能重視の設備設計
  5. 経験豊かな技術陣と万全のサービス体制
  6. 多彩なシステム化が可能

処理システム例

716_02.jpg