コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

ホーム > 事業紹介 > 濃度勾配型活性汚泥装置 バイオスロン

濃度勾配型活性汚泥装置 バイオスロン

バイオスロンは「手軽に」「高効率で」「低コストに」大水量の有機性排水を処理します

特徴

  1. バイオ技術が活性汚泥法を変えました
  2. 微生物の浄化能力を最高にまで高めました
  3. バルキングのないメンテナンスフリーを実現しました
  4. 微生物の生育環境の制御がその秘密です

バイオスロン機能発現の中心部「バイオスロープ・リアクター」

バイオアタックは「アタック槽」と「レシーブ槽」の二つのパートから構成されています
二つのパート機能のハイブリッド化が夢の排水処理を実現しました

  1. 曝気槽はステップ構造のリアクターです
    バイオスロンの曝気槽は小さな容量のユニット・リアクターが数槽直列にならんだ「バイオスロープ・リアクター」と呼ぶ独特のステップ構造をしています。
  2. リアクター内にBOD濃度勾配を作ります
    ユニット・リアクター内のBOD濃度は原水の流入側が高く、沈澱槽に近いユニット・リアクターになるにしたがって、階段状にBOD濃度が低下します。(下図左)これをBOD濃度勾配と呼びます。
    従来法の活性汚泥ではほとんど濃度勾配はできません。(下図右)
    bioslon01.jpg
    リアクター内での糸状性細菌とズーグレアの形成菌の増殖特性
    bioslon02.jpg


  3. 濃度勾配が高性能微生物を選択増殖します
    BOD濃度の高い環境で微生物にエサ(排水)を与えると、処理性能が高く、沈降性の良いズーグレア形成菌が主体に増殖します。(左グラフ) 逆に、従来型曝気槽のように濃度勾配が小さい部分に排水を流入させると、トラブル原因微生物である糸状性細菌が増殖しやすい環境となります。ちょっとしたことでバルキングが発生します。
  4. 高密度で沈降性の良い微生物がバイオスロンの高性能の秘密です
    バイオスロンの高性能微生物とバルキング状態の活性汚泥を比較して下さい。(下写真)
    bioslon03_01.jpg
    バイオスロンの高機能微生物
    bioslon03_02.jpg
    バルキング状態の活性汚泥

こんなに広範な有機性排水を処理します。

  1. 食品工業から、化学工業、繊維・染色、紙・パルプ、廃棄物処理、生活排水まで幅広い排水を処理します。
  2. 処理性能
    原水処理水
    BOD 3,500 mg/l 20 mg/l以下
    SS 1,500 mg/l 20 mg/l以下
    油分 300 mg/l 5 mg/l以下
  3. 三次処理への移行も容易
    ろ過、化学酸化法、活性炭吸着法等を付加するだけで、3次処理が可能です。
  4. りん・窒素処理も簡単
    嫌気性ユニット・リアクターを付加するだけです。

既設活性汚泥設備の改造も容易にできます

ユニット・リアクターを増設するだけで既存活性汚泥設備をバイオスロンに変身させることができます。バイオスロンの特長を手軽に、低コストで実現できます。

  1. 処理能力の増強
  2. バルキングの防止
  3. 汚泥発生量の低減
  4. 処理の安定化とメンテナンスフリー

狭い敷地には、深槽タイプのユニット・リアクターが最適です。

bioslon04.jpg

bioslon05.jpg
食品工場排水の高度処理設備
pHBOD
(mg/l)
COD
(mg/l)
SS
(mg/l)
原 水 4~6 1500 800 400
処理水 5.8~8.6 10 10 10
bioslon06.jpg
生活排水処理設備
pHBOD
(mg/l)
COD
(mg/l)
SS(mg/l)
原 水 中 性 250 200 200
処理水 5.8~8.6 20 20 20